【創業106年の不思議スポット】小樽市 中野植物園

冒頭から私事で恐縮ですが、小樽市清水町は私の生まれた土地であります(ただし、住んでいたのは1年ぐらいですが)。
ですので、それなりの思い入れがあります。

小樽市清水町

小樽市清水町。眺望がすばらしい(=山奥)。私はこの辺に住んでいたらしい。

北源神社

「北源神社」。清水町は昔「源町」と呼ばれていたそうですので、「源町北部の神社」という意味でしょうか

そんな清水町に、B級スポット好きには絶対に訪れていただきたいところがあります!


中野植物園

創業は1908年(明治41年)。
なんと106年の歴史を持つ私設植物園です。

植物園ということで「植物はあんまり興味ないよ」という方は敬遠してしまいがちですが、中野植物園の真骨頂は植物観賞ではありません。

初代園長は中野鹿蔵氏である。
当時まだ発展途上にあった小樽市の将来を見越して、大衆公園、あるいは家族ぐるみで楽しめる場の必要を痛感し、植物園設置に踏み切ったという。
(中略)
当時は付近に1本の道路もなく農家が4、5件あるだけだったというから、まず開拓、開削から始めなければならなかったようだ。
(「坂と歴史の港町 小樽」 朝日新聞、小樽通信局編 より引用)

小樽という街は強烈な地元愛を持つ人々に支えられて発展していったんだなあ、とつくづく感じます。

とにかく「中野遊園地」と名前変えてもいいんじゃないか、と思うぐらい楽しいスポットです。
(2004年撮影のため、現在は少し変わっているかもしれません。)

中野植物園

入口。この時代錯誤な歓迎門(?)からテンションマックスになります!

中野植物園

この案内図見てもさっぱりわからない。

中野植物園

昭和30年の時点ですでに創立50年なのだ!

中野植物園

今ではあまり見受けられなくなった鉄製の遊具たち。

中野植物園

夏季はポータブル蚊取り線香を貸してくれます。これがないと大変なことに・・・。

中野植物園

ヤクルトジョアは「大人向け完全栄養食品」だったんだ!

中野植物園

源山登山口だったかな。 かなりとろけた狛犬

中野植物園

究極はこの滑り台!

中野植物園

「坂の町」小樽の滑り台はこのぐらい刺激的じゃないとダメなのでしょう・・・。

中野植物園

何か書いてるけど全然わからない・・・。

中野植物園

謎のコンクリート製建造物

中野植物園

ぐるぐる回るのかな?これは絶対楽しいでしょう!

撮影当日は時間が無くて行けませんでしたが、園内には源山山頂への登山道があり、こちらもお勧めだそうです。(植物園の方が言っていました。)


アクセス

駐車場あります。

より大きな地図で 北海道バンザイ マップ を表示


こっちも好きかも...