【北海道最古の神社】(3)知内町 雷公神社

以前「北海道最古の温泉」を紹介した知内町。なんと北海道最古の神社もあるというのです!

雷公神社(らいこうじんじゃ)とは

元久2年(1205)、砂金を求めて甲斐国(山梨県)からこの地に来た荒木大学が天下泰平と当所の安全を祈願し、1244年に賀茂の上社と下社を創建した時に始まると伝えられる。
(みなみ北海道観光推進協議会WEBサイトより)

この説明だと函館の船魂神社(1135年)の方が109年も古い、ということになります。
船魂神社はもともとは神社ではなく観音堂でしたから、「最初から神社として創建されたものとしては最古」っていうことなんでしょうか?
・・・あまり細かいことは気にせず770年の古社を楽しみましょう。

雷公神社

上雷という地域から大正4年9月現在地(元町)に遷座。

雷公神社

大変のどかな場所に鎮座しています。

雷公神社

比較的新しい拝殿。

雷公神社

説明板。「北海道で最も古い」と堂々と書かれています。

雷公神社

末社・荒神社

雷公神社

荒神社。こちらはかなり古い建築と思われる。

雷公神社

巨木がお出迎え


元雷光神社

大正4年まで鎮座していた場所・上雷(じょうらい)を探して行ってみました。
すると、雷公神社とよく似た神社が待っていました。

雷公神社

どこにも社名は書かれていない。こちらも「雷公神社」でいいのかな?

雷公神社

便宜上「元雷公神社」と呼ぶことにする。

雷公神社

「雷公神社の杉」の説明。松浦武四郎の名前が!

雷公神社

かなり新しく綺麗な拝殿。

雷公神社

「雷創拓」の碑

雷公神社

期待したほどのロマンはなかった・・・。

地名の由来

知内:アイヌ語。チリ(鳥)+オチ(いるところ)

アクセス

東側のマークが「雷公神社」、西側が「元雷公神社」。
雷公神社には駐車場ありますが、元雷公神社は鳥居の脇に1台停められる程度です。
さらに西に進むと、北海道最古の温泉「知内温泉」があります。

より大きな地図で 北海道バンザイ マップ を表示


こっちも好きかも...