【急いで!】もうすぐ夕張の1つの町が水没します。

夕張市鹿島地区、通称「大夕張」。
かつて炭鉱で栄えた一つの町が、水の底に沈もうとしています。


大夕張について

1929年三菱鉱業による大夕張炭鉱開発により建設され、最盛期には約2万人の人口を数えた。
1990年 三菱南大夕張炭鉱閉山
1998年 鹿島地区より住民の移転完了
(wikipediaより抜粋)
2014年 旧鹿島地区にシューパロダム完成。3月より試験湛水開始。
(最新情報はシューパロダム総合建設事務所WEBサイトをご確認ください。)

全盛期に作られた美しい橋梁や集落の跡は湛水によって間もなく見れなくなります。
有名な「三弦橋」もそろそろ沈みます。
今ならまだ間に合います。最後の雄姿を是非見に来てください。


2014年5月2日追記:
【残念なお知らせ】
三弦橋、完全に沈んでしまいました。


(2013年11月撮影。現在は水嵩がさらに増しています。)

旧鹿島地区

2013年11月撮影。まだ工事をしているのがわかります。

鹿島地区

これは三弦橋ではありません。念のため。

旧鹿島地区

全盛期の町並みがどんなものだったかは私は知りません。でも、なんかもったいないなあ。


沈まず残る廃墟群

夕張市南部地区(通称「南大夕張」)には、かつての繁栄を偲ばせる廃墟が多く残されています。
こちらはダムとは無関係なのでおそらく残ると思われます。

夕張川

夕張川

南部地区

放置された廃墟の残骸

南部地区

そんなに古い建物ではない。

南部地区

少なくとも80年代まではこんな状態ではなかったでしょう。

南部地区

道内では有数のラーメンチェーン

南部地区

良心的な価格の焼肉やさん

南部地区

完全なゴーストタウンではなく、何世帯かは現在も生活しているようです。


(追記)三弦橋見てきたよ

2014年4月12日
今日は仕事が早く終わったので、久々にシューパロダムに行ってきました。
前回取材時は行けなかった管理棟への道が通行可能になっていました。
そして、もう見れないかと思っていた三弦橋も見ることが出来ましたよ!
見るなら本当に今のうちです!!!

シューパロダム

管理棟付近から撮影したシューパロダム。この写真の右側に「大夕張ダム」がありましたが、完全に沈んでしまいました。

三弦橋

憧れの「三弦橋」と初対面!こんなにあっさり見られるとは思いませんでした・・・。

三弦橋

水面すれすれ。もうすぐ沈みますよ。

シューパロ湖

前回取材の写真と見比べてください。水嵩がかなり増しているのがわかります。

シューパロ湖

この味のある橋ももうすぐ見られなくなります。

シューパロ湖

夕張岳


アクセス

上のマークが鹿島地区を見渡せる駐車場。
もう湖畔・河畔には近づくことはできません。
下のマークが南部の廃墟群の位置。この廃墟群の先にシューパロダム管理棟があります。

より大きな地図で 北海道バンザイ マップ を表示


こっちも好きかも...