【札幌の中の夕張】 秘宝の里・定山渓温泉へようこそ

札幌唯一の温泉郷、定山渓をご存知でしょうか。

その歴史を簡単に説明すると、

(1)幕末、当時小樽市張碓に住んでいた定山(じょうざん)というお坊さんがこの地に温泉小屋を初めて作る。

(2)定山は開拓使に「素晴らしい温泉があるから周辺を整備して下さいな。とりあえず来てみてよ!」と頼む。

(3)定山の情熱とまじめな仕事ぶりに感心した開拓使から「正式に「湯守り」として働いてもらうよ。ここを『定山渓』って名前にするし、お米を供給するからがんばってね。」と頼まれ、引き受ける。が、お客は来ず、全く儲からなかったらしい。

(4)開拓使より突然「湯守り」廃止を告げられる。お米の供給を止められ、定山は困窮する。近隣への托鉢等でしのぐ。

(5)張碓で定山が急死。その事実は定山渓には届かず、しばらく(なんと昭和54年まで!)「行方不明」とされた。

(6)その後、定山渓鉄道(現在のじょうてつバス)が作られたり、「河童」をイメージキャラクターにして売り込む等の営業努力をして浮いたり沈んだりしている。

(さっぽろ文庫59「定山渓温泉」 より、かなり要約)

私は小・中・高を札幌で過ごしましたが、この定山渓の物語は学校で一度も学ばなかったんじゃないかな。
道徳の授業にもってこいの素晴らしい話なんですけどね・・・。
(定山についてはこのページの下部に詳しく紹介していますよ!)

さて現在の定山渓ですが、残念ながら(?)札幌市内で最も寂れた雰囲気を醸し出しています。
大手ホテルが健闘しているため集客は悪くないそうですが、ちょっと奥に入ると夕張にも負けないぐらいの廃墟のオンパレード。
札幌市街から定山渓に入ると、いきなり「秘宝館」なるいかがわしい施設の残骸。
イメージ悪すぎます!

札幌市民はあまりこの地に興味を示さないかもしれませんが、散策すると意外な発見があり楽しいですよ。
日帰り入浴施設もありますのでぜひお越しくださいませ。

定山渓

定山渓に入ってすぐ現れる北海道秘宝館の残骸。かなり荒らされています。
【追記】2015年、ついに撤去されてしまいました・・・。

定山渓

定山の略歴。読みづらくて申し訳ないのですが、美談ではない定山の人生が書かれていて勉強になります。

定山渓

私が定山です。

定山渓

定山渓ホテルの裏手にこんな洒落た建造物が。

定山渓

ホテル鹿の湯(左手)と章月グランドホテル(右手)の老舗ツーショット。定山渓の一番のビューポイントはやっぱりここかな。

定山渓

章月グランドホテルの裏手に古そうな建物が。創業当時のものなのかな。詳細不明。

定山渓

ニューグランドホテル福寿苑(2014年閉館)。なんと設計は田上義也!言われないとわからないですよね。

定山渓

福寿苑。この辺のデザインはたしかに田上建築っぽい。

定山渓

福寿苑の色あせた看板。田上が草葉の陰で泣いておりますぞ!

定山渓

定山渓名物、廃墟旅館。ここもやっぱり荒らされてる。

定山渓

このような廃墟旅館が無数に散らばっております。

定山渓

かなり若手の廃墟旅館。源泉かけ流しだったらしい。行ってみたかったな。

定山渓

じゃあね!


スペック高すぎ、定山坊

この定山という人物、かなり魅力的な人物だったようです。
さっぽろ文庫59「定山渓温泉」より抜粋すると

・身長180cm以上
・大酒呑み
・メタボ太鼓腹
・太眉
・丸坊主
・あごひげ長い
・ギョロ目
・声が大きい
・怪力
・武道に長けていた
・でもめちゃくちゃやさしい
・趣味は読書、絵画、俳句、ダンス(松前神楽、獅子舞)、彫刻など多才。
・超能力者特殊能力を持っている
・タバコは吸わない
・岡山県出身
・あの太田山神社で修業していた!
・その時にあの松浦武四郎と知り合っていた!
・温泉大好き
・温泉が好きすぎて自分の名字を「美泉(みいずみ)」にした。

ちょっとスペック高すぎます・・・。


アクセス

廃墟旅館は自分で見つけて下さいね!

より大きな地図で 北海道バンザイ マップ を表示


こっちも好きかも...