【小樽最古!】津古丹稲荷神社

現存する小樽最古の神社建築です。

・1849年築(1850年とも)
・もともとは津古丹(つこたん)という場所に鎮座していたお社を、国道整備に伴い1940年忍路神社境内に移築した。
(読売ONLINEによる。)
・西川氏の邸内社であった
・秋田の中島作次郎が建築
・祭神:倉稲魂命
(神社庁公式サイトによる)

津古丹・・・桃内トンネルを越えたあたり、ということなのでこの辺りでしょうか(確証なし)。
現在は道路しかない場所ですが、整備される前はそれなりの集落があったのでしょう。

より大きな地図で 津古丹 を表示

大変小さなお社ですが、隣の忍路神社よりも迫力があります。肉食動物っぽいです。
ちなみに鳥居には天保12年(1841年)と刻まれています。社殿よりも歴史があります。

忍路は町全体が大変穏やかな気に包まれていて、安らげる場所ですよ。

2013年8月17日撮影

oshoro12

oshoro13

oshoro17

oshoro15

oshoro16

oshoro20

oshoro14


忍路神社

隣接する忍路の総鎮守。本来はこっちが主役であります。
神社庁公式サイトによると、

・1674創立、1689年社殿創建
・以前は「蝦夷大国主神社」と称していた。
・大国主命を祀る神社としては北海道最古

だそうです。現在の社殿は大正9年のもの。
oshoro19

oshoro18

oshoro01

oshoro06

oshoro02


奥宮?

忍路神社の裏手、石段を登ったところに社殿があります。
奥宮?忍路神社の本殿?
情報不足で申し訳ありません・・・。
oshoro03

oshoro04

oshoro05


アクセス

脇に駐車スペースあり。

より大きな地図で 津古丹稲荷神社 を表示


こっちも好きかも...